古江彩佳ゴルフサバイバル!スイングクラブセッティングなど

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

古江彩佳 ayaka furue(@ayakagolf27)がシェアした投稿


古江彩佳選手をご存じでしょうか?
2019年度LPGAツアー第33戦『富士通レディース2019』(賞金総額8,000万円、優勝賞金1,440万円)大会において、見事アマチュアながら古江彩佳選手が優勝を飾りました。
この優勝を以て、古江選手は最終プロテストが免除され、「プロ宣言」を経て、晴れてプロゴルファーの仲間入りを果たしました。
今日は、黄金世代のもう1つ若手のミレニアム世代「古江彩佳選手」を特集したいと思います。

ツアー選手みたいなスイングを月々1万円ぐらいで手に入るのであれば最速最短RIZAPゴルフがおすすめですよ。自分もライザップゴルフで10年間100切りできなかった1人でして今では80台を出せるようになりました!(独学スイングは必ず限界があります)

ただいまキャンペーン中!

■参考■たった2ヶ月でスコア100を切る!今ならゴルフ力診断を受付中→ライザップゴルフはこちら

古江彩佳はゴルフサバイバルに出演していた?

「ゴルフサバイバル」とは?
若手女子プロ10人が同時プレーし、各ホールでスコアーが最下位の選手1名が脱落。9ホール終了時点で最後の1名になった方に賞金が出る番組「ゴルフサバイバル~若手女子ゴルファー100万円争奪バトル~」くBS日テレ(毎週金曜日夜21時放送)の人気ゴルフ番組>URL:ゴルフサバイバル

最後に残った優勝者が賞金100万円を総取り出来るという番組です。
普段はステップアップツアーの参戦歴はあるが、LPGAツアーでの賞金ゼロ、あっても100万円未満、またプロテストに合格はしたもののなかなか表に出てこれない、スポンサーもついていない選手や、プロテストに不合格だった選手などが出演され、賞金100万円を目指しガチンコで戦っています。
過去には原江里菜選手や渋野日向子選手、河本結選手など、まだ知名度が低い時に参戦されています。

そして、2020年お正月には、特別編として「トッププロ選手のみでサバイバル・・・!?」争奪金1000万円で争奪戦が放送されました。通常時より0が1つ多いです。
◇参加選手◇(10名の優勝回数37回、総獲得賞金24億円です)
エイミー・コガ(24) LPGA生涯獲得賞金  4,114万円
吉本 ひかる(20)  LPGA生涯獲得賞金  5,198万円
新垣 比奈(21)   LPGA生涯獲得賞金  8,189万円
三ヶ島 かな(23)  LPGA生涯獲得賞金1億2,227万円
勝 みなみ(21)   LPGA生涯獲得賞金1億4,471万円
葭葉 ルミ(26)   LPGA生涯獲得賞金1億8,620万円
柏原 明日架(23)  LPGA生涯獲得賞金2億0,497万円
菊池 絵里香(31)  LPGA生涯獲得賞金4億6,193万円
成田 美寿々(27)  LPGA生涯獲得賞金5億4,386万円
有村 知恵(32)   LPGA生涯獲得賞金6億2,712万円
この特別編。優勝者は・・・、さて誰になったでしょうか?
それは、こちらから確認ください。
特別編 第9ホール時点から

古江彩佳選手は参戦しているか?
そして、お題の古江彩佳選手、「ゴルフサバイバル」に参戦していたか?ですが、その答えは「参戦していない」が正解です。
ひょっとしたら、今後オファーされる可能性もありますが、既に1勝しているのでトッププロとして呼ばれる可能性があります。
この番組の趣旨としては、通常放送時は「若手女子プロ」が参戦メンバーなので、シードの選手の古江彩佳選手が参戦すると、現時点ではいわゆる「場違い」であり、番組の趣旨に合わないのではないかと思われます。
2020年の活躍次第ですが、2021年お正月特別編には呼ばれる可能性はあると思います。

古江彩佳のスイング分析!クラブセッティングも解説

ツアー帯同コーチ:辻村明志氏のスイング分析
上田桃子、山村彩恵、松森彩夏、永井花奈、小祝さくらなどを指導しているツアー帯同コーチの
辻村明志(つじむら・はるゆき)」氏の分析記事がありましたので紹介します。
ALBA 「末恐ろしい逸材」 トッププロも舌を巻いた古江彩佳の“すごみ”はどこにある?
「クラブをシャープに振って、まったく力みが見られないスイングです。ダウンスイングが外から入ってくることもなく、常にクラブがインサイドから出てくる。頭も上下左右の動きが少なく、キレイな回転運動のもとボールを打てていますね。だからこそフィニッシュもピシッと決まってきます」。辻村氏は、このように一連の動作を賞賛した。そして、このスイングが、「打ち出し角度も高く、飛んで止まるドローボール」を生み出していると続ける。
ポイントとして、『美しいスイングプレーン』と、『フェースに長くボールが乗っている』こと。
「後方から見ると、スイングプレーンが正確で、再現性が高いですね。ここが外から入ってきてしまうと、インパクトの時に手で合わせたり、こねたりする原因にもなります。それに加えて、フェースにボールが乗っている時間が長いため、打点がよく、コントロールのいいショットが打てます。ドローヒッターだけど右にふかす球が少なく、しっかりとボールが内側に戻ってくるのは、こういう所に理由を見出せますね」
実際のスイングがこれです。

高校時代のスイングがこちらです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

古江彩佳 ayaka furue(@ayakagolf27)がシェアした投稿

クラブセッティングも解説

古江彩佳選手の使用クラブを紹介(パター・ドライバー・アイアン)

1W:TOUR B XD3(2018) 10.5度 45.25インチ Speeder 569 TR S
3W:TOUR B JGR(2019) Speeder 569 EVOLUTION IV S
7W:TOUR B JGR(2017) Speeder 569 EVOLUTION IV S
4U、5U:TOUR B JGR(2017) MCH 60-S
6I~PW:TOUR B X-CB(2018) MCI 80-S
50度、54度、58度:TOUR B XW-1 MCI 85-S
PT:ストローク ラボ ブラックシリーズ TEN

実際、パター以外の13本は全てブリジストンです。ドローヒッターの古江選手にとって飛距離と操作性を兼ね備えたドライバーXD3。
クラブコンセプトが、「初速スピードを上げたい!ねじれのない弾道で飛ばしたい!」そう思っているあなたのためにTOUR B XD-3は生まれました。
カーボンに組み込まれた金属弦によってたわみ戻りのエネルギーが初速に変わり、ビュンとねじれのない弾道で今まで以上の飛距離が味わえます。がXD3の特徴です。
小柄な153cmから繰り出される、ビッグドライブ。使用クラブからも今後も目が離せません。

古江彩佳のスポンサーは?ウェアは?

所属   フリー
クラブ  ブリヂストン
シューズ ブリヂストン
ボール  ブリヂストン TOUR B XS
アプローチは柔らかく打てて、ドライバーでは距離もしっかりでる所が気に入ってます。
と、インスタには載っています。
ブリヂストンとは、中学1年生からモニターとして用具サポートを受けていたそうです。
さすが!ブリジストン、目をつけるのが早いです。

ウェア:VIVA HEART
古江彩佳選手は、中学時代から「VIVA HEART」を好んでいたそうで「セールの日は朝から並んで 買っていたほど」だそうです。

スポンサー企業
富士通株式会社
2019年「富士通レディース」で逆転優勝を果たしてプロ転向した経緯があります。
これのスポンサー契約は自然な流れです。
ウエアの左袖とキャディバックに同社のロゴをつけて出場します。
なお、富士通は樋口久子会長や柏原明日架選手と所属契約を締結しています。
スポンサー契約は古江選手が初めてとなります。

古江彩佳の両親はゴルフ経験者?父親と母親、兄弟はインスタに登場?

古江彩佳選手のゴルフとの出会いは3歳。
母・ひとみさんが職場のコンペのために練習場へ、一緒にいったのがきっかけだそうです。
ちなみに父:芳浩さんがゴルフの師匠だったそうなので、両親はゴルフ経験者ですね。
インスタをくまなく探してみましたが、ご両親、ご兄弟の写真を、私には見つけることができませんでした。

ツアー選手みたいなスイングを月々1万円ぐらいで手に入るのであれば最速最短RIZAPゴルフがおすすめですよ。自分もライザップゴルフで10年間100切りできなかった1人でして今では80台を出せるようになりました!(独学スイングは必ず限界があります)

ただいまキャンペーン中!

■参考■たった2ヶ月でスコア100を切る!今ならゴルフ力診断を受付中→ライザップゴルフはこちら

古江彩佳プロのインスタ画像がかわいいと話題!

皆さん、是非古江選手のインスタ画像を見てください。
めっちゃ可愛いですよ!

今回、古江選手のインスタを見てて気付いたのですが、よく一緒に写真を撮っている選手がいました。それは、同級生で同じJAPANのユニフォームを着て活躍しているこの安田祐香選手です。
同じ滝川第二高校ゴルフ部、2017年・2018年ナショナルチームで切磋琢磨した仲間です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

古江彩佳 ayaka furue(@ayakagolf27)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

古江彩佳 ayaka furue(@ayakagolf27)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

古江彩佳 ayaka furue(@ayakagolf27)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

古江彩佳 ayaka furue(@ayakagolf27)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

古江彩佳 ayaka furue(@ayakagolf27)がシェアした投稿

【まとめ】古江彩佳のプロフィール-身長や出身中学高校など

名前   古江 彩佳
出身地  兵庫県神戸市
生年月日 2000年5月27日
身長   153cm
出身校  滝川第二高等学校(兵庫県)
アマチュア時代のあゆみ
両親の影響で3歳からゴルフを始め、その頃より父親の古江芳浩に師事している。ゴルフと並行して4歳から水泳もしていた。
2012年「関西小学生ゴルフ選手権」、2014年と2015年の「関西中学校ゴルフ選手権」、2015年「全国中学校ゴルフ選手権」、2016年「関西高等学校ゴルフ選手権」など数々の大会で優勝し、2016年の「日本女子オープンゴルフ選手権競技」に出場(28位タイ)して頭角を現す。
また2013年の第30回アオノジュニアゴルフ大会小学生高学年では安田祐香との優勝争いとなりサドンデスのプレーオフで安田に勝利した記録が残る[4]。
2017年と2018年はJGAナショナルチーム入り。
稲見萌寧等と共に挑んだ2017年の「ネイバーズトロフィーチーム選手権」で個人7位タイ、団体優勝。安田祐香などと共に挑んだ2018年の「トヨタジュニアゴルフワールドカップ」で個人4位、団体優勝。また、佐渡山理莉等共に挑んだ同年の「第18回アジア競技大会ゴルフ競技」で個人4位、団体5位。
滝川第二高等学校卒業後の2019年、六甲国際ゴルフ倶楽部に研修生として就職した。
同年10月、最終プロテストを控えていた為、アマチュアとして出場する最後のプロの試合に予定していた日本女子プロゴルフ協会(LPGA)ツアー「富士通レディース」で、史上7人目の同ツアーアマチュア優勝を果たした。この優勝により古江は最終プロテストが免除される形でプロ入りが可能となり、同年10月22日にLPGAに入会申請書を提出した。
(Wikipediaより)
プロ転向後も旋風を巻き起こしました。
古江はプロ転向後、2019年シーズンは4試合に出場。「大王製紙エリエールレディス」で4位、最終戦「リコーカップ」を2位と上々の成績で締めて、獲得賞金2,073万円で賞金ランキング54位。
僅かな試合でもきっちり結果を残しました。

黄金世代からミレニアム世代まで。もちろんベテラン、中堅選手も含め選手層がとにかく厚い女子プロゴルフ界。この熱い今、精一杯女子ゴルフを楽しめることに感謝しながら、1日も早くコロナが落ち着き試合再開を待ち望んでいる1ファンとして最後に一言。

是非、世界に羽ばたいて行ってほしい。
そして、メジャー大会で日本選手がどんどん活躍してほしい。
決して、狭い小さい日本でまとまることなく世界一を目指して欲しい。
そんな願いを古江選手に託し、今回は締めくくりたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ツアー選手みたいなスイングを月々1万円ぐらいで手に入るのであれば最速最短RIZAPゴルフがおすすめですよ。自分もライザップゴルフで10年間100切りできなかった1人でして今では80台を出せるようになりました!(独学スイングは必ず限界があります)

ただいまキャンペーン中!

■参考■たった2ヶ月でスコア100を切る!今ならゴルフ力診断を受付中→ライザップゴルフはこちら